記事一覧

テレオン・ショッピング!(11)


前回の記事はこちら



テレ子と"ひまわり"の為、1人蛮族軍団集落に乗り込むスノウマン。

そこで魅せる、エーテル制御法「Drive」

暗黒軍団第4隊長の実力が発揮されるのであった。

























1



ザコマルジャ「黄金色の光・・・! ばかな・・・!?」



グーブー「うわぁぁぁッ 」



ザコマルジャ「は・・・ ハッタリだ! 類似技に決まっている!!」



スノウマン「・・・・悪いけど、遊んでいる暇は無いのでね。」



ザコマルジャ「野郎ども!! やっちまえっ!」




2



部下達「ウオオオオオッッッ!!!」













スノウマン「・・・・・・絶対零度。」



ザコマルジャ「・・・な、なんだ!? この凍てつくような空気は!?」



スノウマン「周囲の冷気よ・・・。 私の拳に・・・・ 集え。



ザコマルジャ「(ほんとに・・・Driveなのか!? エーテル密度が上昇していく・・・!」



スノウマン「いくぞ。」






3




4





ザコマルジャ「!?」



部下達「!? ど、どこへ!?」



ザコマルジャ「くっ! 後ろだ!!」



部下達「!?!?」




5



6



部下「ガハッ」



ザコマルジャ「速い!!」



スノウマン「はぁぁぁぁぁッッッ!!!」



7




8




9



ザコマルジャ「部下達!! 何をしている!! 反撃せぬか!!」



部下達「し、しかし・・・! グハッ!」



部下達「み、見えない!  ギャッ」







10



11





ザコマルジャ「ばかな・・・ 我が蛮族軍団が・・・ 手も足も・・」





12
















シュタッ。



スノウマン「・・・もう終わり? お得意の"部下様"方は??」



ザコマルジャ「(これが・・・ Driveなのか!?  実際、初めて見る・・・!)」



スノウマン「後は、貴方達だけね。」



ザコマルジャ「ちょ・・ 調子に乗るなよ・・・! うおおおおおお!!!」



スノウマン「やっと戦う気になったか。」



ザコマルジャ「この集落の頭領は俺様だあああああ!!!」











スノウマン「・・・・アイス・・・・」



13







ザコマルジャ「あ、甘いな・・! まだだ!」




スノウマン「そう!こっからよ! エーテル増幅!!




ザコマルジャ「なっ!?」
















13-1





ザコマルジャ「が・・・ハァ・・・ッ・・・ 」







バタリッ。














グーブー「ギエエエエエ!! こうなれば、やぶれかぶれ!! ウオオオオオ!!!」






スノウマン「いいか、よく聞け。自分の、その手で・・・」

















14






グーブー「グハッ・・・・   ご、、、ゴメンナサイ・・・・・;;  」




バタリ。


















スノウマン「・・・。以後・・・、同じような事をしたら、再度ぶっとばすからな。」



ザコマルジャ「う、うぐ・・・ き、貴様・・・ "いのちを語るな"と・・言ったな。」



スノウマン「・・・言ったわ。」



ザコマルジャ「ならば・・・ 貴様が先程殺した、我が部下達のいのちはどうなんだ・・・



スノウマン「・・・ふん。」



ザコマルジャ「同じこと・・だろう・・・が!」











スノウマン「安心して。」


15





ザコマルジャ「な・・・! あえて、手を抜いて・・・!」



スノウマン「もう、殺しはやめた。でも、また貴方達が同じことをしたら、ワカラナイカモネ。



グーブー「ひ・・・ひぃぃ・・・!!」



スノウマン「・・・。 さようなら。 」








スタスタスタスタ。。。









































16



スノウマン「ふぅ・・・。 なんだかな・・・。」



スノウマン「テレ子暗殺の命を受け、その任務を遂行する為にテレ子のもとへ。」



スノウマン「そんな折、私は・・・ テレ子と育てていく"ひまわり"に、いつの間にか不思議な感情が芽生えていた。



スノウマン「そして、テレ子を殺すどころか・・・ テレ子の気持ちを汲み、蛮族軍団へ乗り込んだ。



スノウマン「・・・テレ子に、自身がテレ子の両親を殺めた暗黒軍団の隊長とも言わずに・・・。



スノウマン「・・・すべてにおいて、中途半端だ。ダメな奴だ。」



スノウマン「でも・・・ 憧れていた関係・・・ 友達というのは、悪くないものだ。



スノウマン「・・・ ・・。」



スノウマン「・・・・・・・・・・・。」



スノウマン「エンド様に言おう。配置転換を希望しよう。この隊長席も・・・ 別にもう要らない。」



スノウマン「・・・怒るだろうなぁ。エンド様・・・。でも、きっと・・・ わかってくれるかな。」



スノウマン「・・・・・また、テレ子と花を育てたいな・・・。」



スノウマン「・・・・・ふふ。人は・・・変わるものなんだね。」




17






























































18




スノウマン「!!!?」




19








































20




スノウマン「!? な・・・っ 」




21







































22






23







ファイアーマン「"敵"を葬るどころか、感情移入してしまうなんて・・・」




ファイアーマン「そんな隊長を、こうやって止めるしか・・・無かったんですよ。」















スノウマン「(く・・・ テレ子が・・・ まずい。)  グっ・・・ カハッ!」



24










ファイアーマン「新しい隊長席は・・・ 私が貰いますね。エンド様には伝えておきます。」





































テレ子「るんるんるーん♪ いい事、考えたぞ~っ!」


26


テレ子「スノウマン、驚くかなぁ~? にししっ♪」


































27















ファイアーマン「自然の法則、知ってましたか?」


28





































29




































スノウマン「く・・・ そ・・・・・・・・ 」


30





































31









































32

























つづく



よければ応援お願いします♪


(皆様のポチポチがモチベに!!)

生意気にランキング参加中~

スポンサーサイト

コメント

スノウマーン!!
物語はハッピーエンドしか許せないっ!
次回が気になります(´;ω;`)ウゥゥ

おー
今後いろんな物語が交わってくのね!

たのしみにしてます!

コメントありがとうです♪

サンちゃ さん!

スノウマーン!! どうしてこうなったー!
表からみると、凄く悲しく映るかもしれない。
でも、スノウマンは元々暗黒軍団の組織内の隊長。
そちら側からみた場合、仲間を裏切っている形となりますので・・・ 見方によっては複雑ですよね><

いつも読んでくださって、ありがとうです♪

コメントありがとうです♪

ななし さん!

そうなんですよ~ いずれ、れおを中心として全員登場します~
それそれの事情を抱えながら戦いに身を投じていきますねっ。

この妄想物語、一体どこの方向へ向かうのやら・・・(><;

いつも読んでくださり、ありがとうです♪

素晴らしい!

ほんと加工が素晴らしいよ。
終わってと見せかけてからのドライブ!
物語に引き込まれるよ。

けど、スノウマンが👊😭

コメントありがとうです♪

さくら さん!

さくらさぁぁぁん!お褒めの御言葉、どうもありがとう~!
書いてる側も嬉しくなるコメントですじゃぁ~!(うぅっ(号泣

スノウマン・・・
今後、どうなるのでしょうか・・・!! 撃たれちゃったね(;;

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

更新情報とか呟きとか。 ツイ友少ないので、よかったら・・・

れお日和について

登場人物

Leo Prelude

Author:Leo Prelude
マンドラゴラサーバーでプレイ中!
こんなヘボブログと相互リンクくださる方、是非お願いしますm(_ _)m
ブログ開始日 →2016年1月 1日
Twitter開始日→2016年4月12日


FF14の輪を広げたい!!

♪個人ブログの宝庫♪

きっと見つかる、読みたいブログ!              クリックして探せえええええええ!

頂いたイラスト紹介m(_ _)m

応援お願いしまする~

きてくれた人