記事一覧

迷探偵レオン!(6)



ーこれは、管理人の勝手な妄想による物語である。-








前回の物語はこちら → 迷探偵レオン!(5)







レオンにはリオンという兄がおり、2人は「色魔道士」の血を引く兄弟であった。

そんな過去に耳を傾けるレオと日和戦士達。

リムサにおいて5年に1度、開催される「ヘッポコ大会」でダックとの今後を競うことになった2人。

レオンは、今まで通り2人と1匹で居られれば良かったのであった。



少しずつ見えてくる、レオンの過去。

そして、またこの人物も絡んでいくのであった。
























0-2




































0-3







レオン「兄さん・・・。 そんなの、僕は望んでいないよ・・・。」



レオン「でも、"棄権"をしたら、その場でダックを失ってしまう。どうすれば・・・。」










1






受付人「おっ?レオンじゃないか。ここに来たということは、ヘッポコ大会に出場するのか?」









2




レオン「・・・・。」



受付人「なんだぁ? あまり乗り気なさそうだなぁ。」



レオン「うん・・・。」



リオン「俺は出場するぞ! エントリーお願いします。」



レオン「兄さん!?」






3





受付人「はいよっ! リオンが出るなら面白くなりそうだぜ!」



レオン「・・・・。」



リオン「レオン? 参加しないのか?」



レオン「僕は・・・ そんな事、望んでいない。」



リオン「レオンは優しいな。でも、その優しさは、いつか自身をダメにするぞ。」



レオン「え?」



リオン「この大会に出るのは、俺だけじゃない。沢山のライバルがいる。」



レオン「・・・。」



リオン「自分がどれくらいの実力なのか。知りたくないか? いつか俺は、リムサを出て世界を旅したい。



レオン「兄さん・・・。」



リオン「だから、今の俺の知力と体力が、どれくらいまで通じるのか、確かめたいんだ。」



レオン「僕も・・・! レオルゼアを旅してみたいよ!」



リオン「だったら! 今いる自分の立ち位置を、大会で確認しろ!」



レオン「でも、ダックに・・・! ダックにそんな扱いはしたくない!」



リオン「それなら、俺に勝って、ダックがもうそんな扱いされないようにしろ!」



レオン「・・・!」



リオン「レオンはもう10歳だ。自分のこと、ある程度は決めていけ。いつまでも兄の俺に頼るんじゃない。」



レオン「兄さん・・・。」



受付人「おいおいおい。 兄弟喧嘩はよそでやってくれよ。」



レオン「すみません! 僕も! 参加します・・・!」



受付人「・・・良いんだな? わかった。エントリーしておく。」



リオン「よし!前日ギリギリだったな!」



レオン「明日なの!? いきなりすぎじゃない!?」



受付人「そうなんだよ。もう大会が明日なんだ。早く帰って支度を・・・ん?

















フォンフォンフォン。

















受付人「リンクパールだ。  ・・・はい、もしもし。」



受付人「うむ。大会は明日だが・・・。 !? な、なに!? 何が起こった!?



リオン「?」



レオン「?」



受付人「わかった。明日の朝、確認して無理そうなら"棄権"としておく・・。」













ガチャ。













リオン「何かあったんですか?」



受付人「出場するお前等にも話しておいた方が良いな。中央ラノシアにおいて、"カボチャの外見した人物"に、明日の出場する予定だった選手が襲われたらしい。」



レオン「なんだって!?」



受付人「その、カボチャの人物の真相がわからん。襲われた選手は、意識が明後日の方向に向いているらしく、明日の朝に意志を確認してみて無理そうなら、棄権だ・・・。」



リオン「中央ラノシアのどこですか!?」



受付人「え? サマーフォードらしいが・・・。 って、おい!?」



レオン「行きます!」



受付人「待て待て待て! 襲われた連中は明日の選手だぞ! お前等も狙われる可能性が!!」



リオン「大会の邪魔をしようとするものは、先に捕まえる!」



レオン「うん!」



リオン「レオン! いくぞ!」












3-1



















4





レオン「怪しい人物は・・・ いないよ、兄さん。」



リオン「・・・。 エーテルが乱れてる。」








5








リオン「・・・・。」



レオン「兄さん?」



リオン「サマーフォードへ急ごう。被害にあった方を訪ねるんだ。」



レオン「わかった。」
















6





リオン「ごめんください。」



選手達「一体、何が起きやがったんだ! 起きろよ!ジョニー!!」



選手達「ん? なんだお前?」



リオン「リムサから来た探偵です。カボチャの人物と接触後、明後日の方向を見ている方がいると聞きまして。」



選手達「その通りだよ! みてくれよ! このジョニーを!!」






















7





ジョニー「フゴゴゴ・・・! あ・・・ア・・・ ア・・」



レオン「これは・・・。」



選手達「うおおお! ジョニー!! 明日、ヘッポコ大会で優勝して名誉を持ち帰る約束をしたのによおお! くそがあああ!!」



レオン「兄さん! こっちにも!!」



















9




リオン「そっちもか!」



選手達「うぅっ・・・ ザコマルもやられちゃったんだよ・・・」



レオン「 (凄い名前だ。) 」



選手達「ザコマルとも!約束してたんだよ! 大会で優勝して、改名しようって!役所に届け出しようってよ・・・! なのに・・!なのに・・・!!」

















8




ザコマル「カボチャ・・ ツヨイ・・・ オデは・・ ザコ・・・」




選手達「カボチャの野郎オオオ!! くそおおお!!」



リオン「その、カボチャの人物はどっち方面に?」



選手達「わからねぇ・・ ただ、ザコマルがこんなになっちまったのは、つい先ほどなんだ。」



リオン「まだ、近くにいる可能性があるな。」



レオン「ザコマルに、フィジクをかけてみる!」



リオン「頼む! 俺はカボチャを追いかける!」



レオン「に、兄さん!? 1人じゃ危険だ!」



リオン「大丈夫!! ザコマルを頼む、レオン!」













タタタタタタッッ!!!























10



11

















12















リオン「感じ取れない・・・!」






























リオン「うわぁッ!?」






20




21




リオン「ま、周りの風景が!?!」



リオン「時空流離!? エーテルの乱れが一定値を超えたってこと!?」












































???「クックック・・・。 私を、お探しかね。」




リオン「!!?」













13







14








リオン「カボチャの格好・・・ お前だな! 選手に何をした!!」




カボチャマン「私は、カボチャマン。とある軍団の隊長を担っている。」




リオン「答える気、無しか!」




カボチャマン「キミ"達"の能力に、大変興味があってね。」




リオン「あっそ! ご質問は、尋問部屋でゆっくり答えてやるよっ!」




17






























































9




レオン「くっ。ダメだ。フィジクじゃ何も変わらない・・・!」



選手達「ザコマルーー!!(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)」



レオン「落ち着いてください、とにかくザコマルさんの身を休めましょう!」




































18





レオン「!? 今の声!? 兄さん!?  くっ!」











タタタタタタタッ!!










































19




























つづく





(皆様のポチポチがモチベに!!)

生意気にランキング参加中~

よければ応援お願いします♪

スポンサーサイト

コメント

ザコマル・・・。
名付け親の顔を見てみたいものだ|д゚)

コメントありがとうです♪

サンちゃ さん!

名付け親の顔を見たいですって!?
キャー!サンちゃさんにそう言われちゃったら仕方ない・・・。
こっそり画像載せとくね、今度(///)ぇ

このブログに出てくるサブキャラは、大抵「ザコ」が付きます・・・ハイ。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

更新情報とか呟きとか。 ツイ友少ないので、よかったら・・・

れお日和について

登場人物

Leo Prelude

Author:Leo Prelude
マンドラゴラサーバーでプレイ中!
こんなヘボブログと相互リンクくださる方、是非お願いしますm(_ _)m
ブログ開始日 →2016年1月 1日
Twitter開始日→2016年4月12日


FF14の輪を広げたい!!

♪個人ブログの宝庫♪

きっと見つかる、読みたいブログ!              クリックして探せえええええええ!

頂いたイラスト紹介m(_ _)m

応援お願いしまする~

きてくれた人