記事一覧

ララ物語。(3)


ララ物語。(2)はこちら





イクサル2「見つけた・・ぞ・・・!」



???「!?」



れお「イクサル!?」






イクサルに見つかった追われていた人物と、れお。















???「くっ・・・!」



イクサル2「さぁ、そのペンダントをよこせ・・・!」



れお「(・・・ペンダント?)」



???「黒魔法・・・!」



イクサル2「おっと!」



すかさず、イクサル2の蹴りが???に直撃する



???「ぐあっ!」



れお「!?」



???「いててて・・・!」



イクサル2「どこの者だか知らんが、踏み込み過ぎたようだな!死ねええッ!」



???「こんなところで!」







スパァンッ!!



イクサル2「ぐはッ・・・!」



???「!?」



れおの一撃がイクサル2にヒット



イクサル2「き、貴様!なにをする!」



れお「何をするって、元々イクサル族と仲良いわけじゃないし。」



イクサル2「貴様も、ただでは済まんぞ!」



れお「うひょー!こわいこわい! でも良いの、れおは光の戦士だから~!」



???「ひ、光の戦士・・・!?」



イクサル2「エオルゼアで"英雄"と呼ばれている冒険者か!!」



れお「おー!? よく御存知で! 英雄なんて柄じゃないけどね~。」



イクサル2「ええい!! 英雄でもなんでもいいわ!貴様も一緒に葬ってy・・・」



スパァンッ!!



イクサル2「ぐはッ・・・!!」



れお「何が起こっているのか、よく理解できていないけど・・・ 今は、この人の味方をするよ!」



イクサル2「はぁ!? どう考えたっておかしいだろー!盗まれたのはこっちだぞ!!」



れお「れおの中の"バイエルン"が、そう言っているんだ・・・!」



イクサル2「"ハイデリン"な!? それ、ソーセージだから!!」



れお「どっちでも良い・・・!」



イクサル2「光のクリスタルとソーセージ、一緒にしちゃっていいの!?ねぇ、いいの!?」



れお「問答無用!! くらえーー!! ファストブレードオオオ!!」



イクサル2「ぎゃああああーーー!!!」



イクサル2「初期レベルで覚えているアクションで倒される俺様って一体いいいーー!!」





パタリ。











???「あ、ありがとう・・・!」



追っ手イクサル「あっちから音がしたぞーーー!! 探せー!!」



れお「また追っ手が!? 随分、人気だね・・・!」



???「・・・・。」



れお「大丈夫? 走れる・・・?」



???「光の戦士、って言ったよね。」



れお「あ、うん。一応・・・」



???「無理を承知でお願いがある!!」



れお「え・・・?」



???「この、"ペンダント"を、モードゥナのロウィナという女性に届けてくれ!」



れお「な、なんで、れおが!?」



???「光の戦士にしか頼めない! お願いだ!! ロウィナから話を聞いてくれ!」



れお「そ、そんな・・・!」





追っ手イクサル「増員しろーー!! なんとしてでもペンダントを取り返すのだ!!」



れお「!?」



???「頼む!!」



れお「・・・・わかった。訳は後で聞く。」



???「重ねて感謝する!ありがとう! 僕の名は、"スタート" 」



れお「スタート・・・?」



スタート「ロウィナに、その名と、このペンダントを渡せばわかる!」



れお「わかった。 あなたはどうするの?」



スタート「・・・僕は、追っ手をひきつけて逆方向へ走る。その間に一旦グリダニアに戻ってモードゥナを目指してくれ!!」



れお「・・・わかった。」




ペンダントを受け取る、れお





スタート「キミの事は忘れない! いつかまた、会える気がする!」



れお「いきなりモノを頼むなんて非常識すぎー! それでは!」



スタート「ありがとう。クリスタルの加護があらんことを!」









タタタタタッ!








走り去る、れおを見つめるスタート





スタート「・・・。巻き込んで、すまない・・・」



追っ手イクサル「見つけたぞーー!!」



スタート「こっちだ!!」



追っ手イクサル「待てえええい!!」



スタート「黒魔法と、黒魔法・・・・! 連続魔・・・!!」



追っ手イクサル「!?!」









































タタタタタタッ!!



れお「はぁはぁ!疲れる。とりあえず、ミューヌのとこへ!!」







チュッドーーーーン!!!!




れお「おわぁッ!? 何あの魔法!? 凄いエーテル!」



れお「スタートの魔力なの!?」
















北部森林上部に響く、爆発音と黒魔法。

預かりしペンダントを握りしめ、れおはグリダニアに向かう。




ララ物語。(4)へつづく





(皆様のポチポチがモチベに!!)

生意気にランキング参加中~

よければ応援お願いします♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

更新情報とか呟きとか。 ツイ友少ないので、よかったら・・・

れお日和について

登場人物

Leo Prelude

Author:Leo Prelude
マンドラゴラサーバーでプレイ中!
こんなヘボブログと相互リンクくださる方、是非お願いしますm(_ _)m
ブログ開始日 →2016年1月 1日
Twitter開始日→2016年4月12日


FF14の輪を広げたい!!

♪個人ブログの宝庫♪

きっと見つかる、読みたいブログ!              クリックして探せえええええええ!

頂いたイラスト紹介m(_ _)m

応援お願いしまする~

きてくれた人