記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その名は・・・迷探偵レオン!(1)


第七霊災から5年・・・


一見、平和に見えるエオルゼア。


しかしそれは、大きな「枠」として見られている現実に過ぎず、実際は小さな事件がチラホラ浮き出ている。


そんな事件を解決していく、1人と1匹の物語である。






























1













依頼人「それがさぁ。私が大切に育てている羊が日に日に少なくなっているんですよね。」










2







3











レオン「ほほう・・・。その羊が少なくなることについて、事件との関与があると?」



依頼人「そういうことです。」



レオン「わかりました、では、この迷探偵レオンにお任せください!」



ダック「ください!」



依頼人「迷って・・・ 迷ってるけど、大丈夫ですか?」



レオン「大丈夫です! その羊はどこに?」



依頼人「このリムサから中央ラノシア出たところで、放し飼いをしているわ。



レオン「現場調査をしてきます。 また追って、ご報告します。」



依頼人「お願いします。」



レオン「報酬は?」



依頼人「ボッグヤーゾンの足(NQ)でいかがでしょうか?



レオン「やったぜ!! では!」












バタンッ!!
















4










レオン「では、早速現地を見に行こう。」



ダック「はい!レオン様。 しかし、あの報酬で良いのですか?」



レオン「いいですよ、確かお店で4ギルくらいで取引できるはず。」



ダック「 (少ねぇ・・・ 私のゴハン買えねぇ・・・) 」



















5










レオン「ここか・・・  あっ! あれをみて!ダック!」



ダック「あ、あれは・・・!」










6







7







8









レオン「これ、羊を連れて行かれても仕方ないくらいの放し飼いっぷりいい!



ダック「ですね・・・。 しかし、なんで連れていくのでしょうね。」



レオン「ふふ。 そこで僕の推理ですよ、ダック君。」



ダック「はっ! レオン様の奥義が!」



レオン「ターゲットは羊。 ウィーク・ポイント!!















9
















ダック「で、でたー!ターゲットとした対象のウィークポイント(弱点)を見つけ出し、事件と関係しうるヒントを導き出す奥義だー!!













































10毛













レオン「はっ!」



ダック「な、何か見えましたか!?」



レオン「毛だ・・・ 毛だぞ、ダック!」



ダック「毛って何ですかw」



レオン「この羊が連れ去られる理由があるとすれば、毛目的で連れて行かれている。ってこと。」



ダック「なるほど・・・。」



レオン「街に戻り、この羊の毛が使われているアイテムを使っている人を探し出す。



ダック「若干、日本語が下手なんですね、レオン様。



レオン「だが、その前に・・ この羊から毛を毟取らねば・・・!」



ダック「え!? そうなんですか!? この羊、案外強そうですよね!?」



レオン「よーしよしよし。いい子だぁ。おいでおいで~ 怖くないよぉ。」












11













ダック「ムツゴ○ロウかな?これ



レオン「伏字されてないから!!」



ダック「それよりレオン様、頭突きされてますよ。」



レオン「これはね(ドカ!)羊のね(ボコ!)愛情(ベシ!)表現(ボキ!)」



レオン「痛えええええええ!!!!」




ダック「あ! 羊達が逃げていってます!!」



レオン「それより回復を!ダック回復魔法使えないの! ホイミよこせ!



ダック「ドラクエじゃねえええよおお!!



レオン「うぐぐ・・・ あまり使いたくないけど・・・仕方ない。」



ダック「レ、レオン様?!」



レオン「色は青色!」

































12

















ダック「周辺が暗く・・・!?」





レオン「ブルー・スロウー!」





13






















14





















ダック「!? 羊の走行速度が・・・ 落ちていく・・・!」




(そして何だ、この下手すぎるSS加工術は)





レオン「ごめんね、羊くん。 少し毛をもらうね。  ブチッ!! 」



ダック「色魔法・・・ 凄いです。私も使えるようになりたい。」



レオン「よし、この毛を持って街中を探索だ。」













ーーーーーーー  一向は街へ  -------















レオン「いたぞ!ダック!



ダック「はやいなおい!」









15









レオン「 このペンの羽根、見てみ(ひそひそ) 」



ダック「こ、これは・・・! 羊の羽根!」



ダック「羊の羽根って、おかしくないです??」



レオン「いいんです。そういう設定にしましょ。筆者の都合です。
























17















レオン「ちょっといいですか?





ダック「Tabキーで話しかけんなあああ!!



街人「はい・・・?」



レオン「貴女が使用している、そのペンの羽根・・・。盗んだ羊から採取した毛で作成したでしょ。」



ダック「直球すぎいいいい!!」



街人「!!」



ダック「ほらさ、一応推理モノになるんだからジワジワいかないの!?アリバイとか、最近何してましたか?とか聞いてからの展開じゃないの!?



街人「な、なに意味不明なことを・・・」



レオン「ふふふ。それだけじゃない、貴女から羊のニオイがペンペンするんだよ!



ダック「プンプンって言えやあああ!!」




街人「くっ・・・。」



レオン「そして、決め手はコレだ。」



街人「??」



レオン「貴女はここで、天気予報を調べる振りをしながら遥か先・・・ そう。中央ラノシアの羊をみている。」



街人「!!」



レオン「そうです。貴女は相当な羊マニア。



ダック「羊マニア・・・」



レオン「羊マニアのことを、俗になんというか知ってますか?」






















































レオン「ラム・マニアだ!!」




ダック「まんま英語にしただけやないけえええ!!」







街人「そこまでバレてしまっているのね・・・。」



レオン「さぁ、白状して自首しなさい。」



ダック「 (合ってたのかYO!) 」



街人「わかったわ・・・ なーんて♪ 言うと思った? 逃げろー!!



レオン「あー!! 逃げたー! 逃がすかああ!!」



ダック「レオン様! 色魔法ブルー・スロウで遅くしちゃいましょう!」



レオン「まかせろー! 」



ダック「・・・レオン様?」

















































レオン「MP回復してない(。Д゚; 三 ;゚Д゚)」




























ダック「MP回復するまでの時間かかりすぎいいい!」

























































というわけで・・








18












依頼人「何逃がしてくれちゃってんのおお!!」



レオン「すみませんすみません。」



依頼人「捕まえてくれないと困るんですよ!また羊が居なくなるじゃないですか!!」



ダック「・・・・」



レオン「今回の真実は、僕が導いた答えで犯人を特定することが出来た。」



依頼人「だから何? 報酬よこしなさいって?」



レオン「違います。その真実が発生してしまった要因が2つあります。」



依頼人「??」



レオン「1つは犯人が相当なラム・マニアだったこと。」



依頼人「そうよ!それが犯行に至ってしまった理由よ!」



レオン「それともう1つ。それは、羊を盗みやすい状況にしている、あなたの管理体制だ!



依頼人「・・・」



レオン「この事から、もう1つの真実に辿り着く・・・」



ダック「え・・・?」



依頼人「・・・・」

















































レオン「依頼人のあなたと、ラム・マニアの犯人はグルですね。」












ダック「えええええ!?! そ、そんなばかな!?」








































































依頼人「え? グルなら、レオンさんに捜査依頼出す意味がなくない?」



















































19



20




21
















































ー完ー




































ーーーー追い出される1人と1匹ーーーーー






ダック「見当違いもいいとこですよね!?レオン様!?」



レオン「 てへぺろっ♪ 」



ダック「でも、報酬のボッグヤーゾンの足(NQ)を貰えたのは何故でしょう?」



レオン「自身の管理体制の甘さも、事件を招いた要因。って気付かせてくれたことへの報酬みたいだよー。」



ダック「そうなんですね! テレ子さんの商品購入まで頑張ってギル貯めましょう!」



レオン「先は長い・・・」
































推理をもとに真実へと導く。


真実は必ずしも1つでは無い場合もある。


その信念をもとに、的を得るのかズレるのか、レオンとダックは歩んでいくのであった。








22





23









































































同刻・・・・





???「もう少しだ・・・。」



???「もう少しで完成する・・・。」



???「忌々しい光の使徒共め・・・。」







ー着々と闇は近づいてくるー



























































つづく







(皆様のポチポチがモチベに!!)

生意気にランキング参加中~

よければ応援お願いします♪

スポンサーサイト

コメント

これは!

迷探偵だけに名作の予感!

楽しく読ませていただきました。
ちょっと嫉妬しちゃうけど、こういうアイデア作品ほんと好きー!

今後の展開が楽しみ♪

大きな「枠」

今までぇーー!

メインクエストに対する、祖語や感情に言及してたのですがぁーー!

そういった、些末な問題にぃーー!
あえて目を背けてきた過程がありますぅーー!

今、目が覚めましたぁーー!
これからわぁーー!
「ダック先輩」を“師”と仰ぎぃーー!
些末な問題にも触れたいと思いまするぅーー!
(応援団風)

コメントありがとうございます♪

さくら さん

こんばんはだよ~!
コメントありがとうございます。
しかも、楽しく だなんて行っていただいてしまって・・・。

さくらさんも是非、物語作ってみましょう!!w
ブログにリンク貼ってくださってて感涙です!
こちらも貼らせて頂きます、相互やったー!!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントありがとうです♪

Helio さん

応援団長風コメント、ありがとうございます(w
目が覚めたようで・・・ よかったです(!?)
そして、主役は「ダック」じゃなく「レオン」ですからぁぁ!w

また遊びにきてくださいませ、れおも遊びにいきまーす(●`ー´●)

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

更新情報とか呟きとか。 ツイ友少ないので、よかったら・・・

れお日和について

登場人物

Leo Prelude

Author:Leo Prelude
マンドラゴラサーバーでプレイ中!
こんなヘボブログと相互リンクくださる方、是非お願いしますm(_ _)m
ブログ開始日 →2016年1月 1日
Twitter開始日→2016年4月12日


FF14の輪を広げたい!!

♪個人ブログの宝庫♪

きっと見つかる、読みたいブログ!              クリックして探せえええええええ!

頂いたイラスト紹介m(_ _)m

応援お願いしまする~

きてくれた人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。