記事一覧

テレオン・ショッピング(4)


ー前回の記事はこちらー





通信販売(テレオン・ショッピング)で、生計を立てるテレ子。

ギルにしか興味が無さそうに見えるが、もしも仮面に「栄養ドリンク」をあげたり、優しい一面を見せ始める。

少しずつ、テレ子の中で「金銭に対する執着心以外のモノ」が芽生え始めていたのであった。




そんな中、今日も元気にテレ子の「営業」が始まる・・・。



































れお「アー。今日もルーレット、明日もルーレット、昨日もルーレット・・・。」



れお「正直、マンネリ化してきたよー。」



れお「そういえば、先日会ったレオンという探偵さん・・・



れお「なんだか不思議な感じがしたなぁ。初めて会ったわけでは無いような・・・?



れお「ま、いっか! 今日も部屋でゆっくりしよ~~っと。」







1





2





3





























れお「・・・・・ ちょと待てよ・・・」



れお「なんか、また嫌な予感がするぞ!?














4









れお「やっぱりーー!(><; 」



テレ子「あら。れお~~♪ 元気してましたか~♪」



れお「もはや、呼び捨てかーーい!」



テレ子「いいじゃないですか~♪ もう4回目ですし♪



れお「別に呼び捨てにされるのは構わないけど・・・」



テレ子「もう~! 素直じゃないんだから~♪ もしも仮面みたいね!



れお「ほへぇー。もしも仮面に会ったんだ!」



テレ子「前々回記事で会ったかな?



れお「そうなんだ! 仲良しなんだね!」



テレ子「もしも仮面、疲れが見えてた・・・ だから、栄養ドリンクあげたんだ!」



れお「ほほう。 またどうせ、凄い値段なんでしょ!



テレ子「いいえ、無料です♪



れお「れおには、あんな値段で売ろうとするのにヒドイー!



テレ子「それはそうと・・・」



れお「 (え? なにこれ? 話、流された?) 」



テレ子「今回の商品を、紹介しちゃうよ~~♪」



れお「あ、はい。」



テレ子「今日はね・・・ 家宅捜索しつつ・・・ です♪



れお「すごく・・ すごく・・ すごーく嫌な予感がする。












































5
















5-1








れお「これ、れおのFCハウスじゃないですかー!!?



テレ子「え・・・? そうなんですか? 」



れお「あからさまなウソやめなさいいいーー!!



テレ子「知りませんでした・・・  だが、断るっ 」



れお「言葉尻の使い方ちがうううう!!」



テレ子「さっ♪ 進もう♪」



れお「話を聞けええええ!!」









6





































6-1








れお「待って、それマズイよ! みんなに、れおが怒られるよ!!」



テレ子「いいじゃない、マスターなんだし?♪ 」



れお「下調べ済じゃないかー!(>< 」



テレ子「大丈夫だよ~、中身も一緒の販売だからさ♪



れお「余計まずかろう!!!!!!」






































7






































7-1








れお「リアルな音、出すなー!」



テレ子「ちょっとうるさいよ! 静かにしてて!!



れお「あっ。ごめんね・・・」





















































れお「って、なんで、れおが謝ってるん!?!?



れお「おかしいでしょおかしいでしょ!!」



れお「こらぁーー! テレ子ーーー!!」



れお「話、聞いてえええええええ!!!」














れお「 ・・・・・ん?  」




































































7-2



















































7-3









れお「おいい! 金庫番クン! ぼったちですか!? 何の為にそこにいるの!?」



テレ子「あー。だめだ。開かないや。 まぁ、これごと売るし、いっか♪」



れお「よくない!!」



テレ子「このチェストはね・・・ こんな遊び方も出来るんですよ♪



れお「そもそも金庫で遊んじゃダメでしょ・・・」

















































8




9

















































9-1







れお「もっと上手く売り込みなさいよ!毎回言ってるけど!!」



テレ子「楽しそうでしょう?♪」



れお「いえ、全く楽しそうじゃない。(棒  」
























































10


























































10-1






れお「せっかく雇ったのに!! うちのFCを裏切るのね、金庫番クン!」



テレ子「あらら・・・。 かわいそうに。



れお「黒幕だれよ!!」










テレ子「では、お電話お待ちしていますね♪」



れお「待てえええ! 売らないでえええ!!」



テレ子「あ! 早速、お電話が♪



れお「やめてえええええええ!!」


































11









































12

























れお「テレ子めえええ!!!(´;ω;`)」







































































13










るんるん♪

れおって、からかうと楽しい。

れおといると、楽しいなー。

れおと、もしも仮面、トナカイマン・・・ みんなで住めればいいのに。








・・・もう、テレ子は、あんな惨めな想いをしたくないよ・・・・おかあさん。

だから・・・ テレ子はギルを貯める。

お家、買うんだ。

このテレオン・ショッピングは、その為の過程なんだ。






















































ーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーー

「うお!? テレ子がいるぞー!」

「うわぁ。何あいつ、近寄りたくねえ・・・」

「あいつ、友達とかいんのかな?w」

「いないだろw あんな奴と友達になるやつがみてみたわw」

「まぁいいや、おい!ホウソーン家でハチミツアイスクリーム食べようぜ。」

「いいねいいね! テレ子は、草でも食べてろw」

ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーー















































テレ子「・・・・・」



テレ子「あれ・・・ なんだろ。涙が・・・  」



テレ子「・・・頑張らなきゃ。 」


















明るく振る舞う、その笑顔の裏に隠された辛き過去。


誰もが、順風満帆な人生を歩んでいるわけでは無い。


思い出す度流れ出す涙を、今はただただ噛み締めていくしかないのだった・・・。


































































「クックック・・・ 見つけたぞ・・・」












14








































テレ子の「心」の隙間に迫る「闇」


テレ子の「心」を救うのは・・・ 誰なのか。

































つづく










(皆様のポチポチがモチベに!!)

生意気にランキング参加中~

よければ応援お願いします♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

更新情報とか呟きとか。 ツイ友少ないので、よかったら・・・

れお日和について

登場人物

Leo Prelude

Author:Leo Prelude
マンドラゴラサーバーでプレイ中!
こんなヘボブログと相互リンクくださる方、是非お願いしますm(_ _)m
ブログ開始日 →2016年1月 1日
Twitter開始日→2016年4月12日


FF14の輪を広げたい!!

♪個人ブログの宝庫♪

きっと見つかる、読みたいブログ!              クリックして探せえええええええ!

頂いたイラスト紹介m(_ _)m

応援お願いしまする~

きてくれた人