記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5人目の「日和戦士」



トナカイマン、もしも仮面、テレ子、レオン・・・  そして、光の戦士れお。

少しずつ絡み合っていく「運命の歯車」


その巡り合わせは・・・  時に残酷な結果を生むことさえある。


この5人目の日和戦士もまた・・・  厳しき道を歩むことになるやもしれない。










時は、第七霊災から5年。


平和に見えるエオルゼア。


そのエオルゼアを、今日も爽快に駆け巡るれおの姿があった。
































れお「どいてどいてどいてええええ!!」



街人1「ぐおおうっ!?」



街人2「な、なんだなんだー!?」



れお「エールポートでF.A.T.E.のヤァルが発生しているんだ!!どいてー!」



街人1「必死すぎだろおお!!」



れお「レリック作るんだおーー!」



街人2「アニマ・ウェポンじゃないのかよおお!!?










1








れお「ぐずぐずしてたら、終わっちゃうーー! いそげーー!」



タッタッタッタッ!



れお「あれ・・・?



れお「エールポートのどこで発生だっけ?



れお「・・・・ 聞いてみるか。」



















2







れお「えー。知らないのー!? NPCのくせにー。」



NPC「NPCとはなんだ!NPCとは!」



れお「Non Player Character の略だよ~!」



NPC「そういう意味じゃねええ!!」



れお「参りましたね・・・ 間に合わないかも。」




















3









れお「!?    上!?  」












4




















5







































ドテッ


























6
















































7













れお「どうすればいいですか?















???「いててて・・・・。 着地失敗・・・」



れお「だ、だいじょうぶ・・・?」



???「大丈夫です。失礼しました。」



れお「それならよかった。」



???「ヤァルを、お探しのようで?」



れお「そうです。  でも、時間ギリギリだったので、もう終わったと思います。


???「あらら・・・。」



れお「あなたは?? 」



???「はっ!失礼しました。あたいは若葉支援隊長をやってますメルと申します。」






8








れお「おー! れお って言います。光の戦士やってます。」



メル「おお!光の戦士! あ。それから、この右側にいるのがざぶとんです。」



れお「ざぶとん・・・・?」








9







れお「わっ!? しゃべった!?



メル「そうなんです。この子は喋るざぶとんなのです。」



ざぶとん「よろしくな!! れお!!」



メル「あんた!態度でかいのよ!!」








10








れお「 ( ふ、踏まれてる・・・) 」







11






ざぶとん「メ、メル! れおがひいてるじゃないか!!」



メル「はっ!! し、失礼しました!」



れお「い、いえ・・・^^; メルさん達は、ここで何してるんですか?」



メル「呼び捨てでいいよ!」



れお「じゃあ遠慮なく・・・。 こちらも呼び捨てでいいですよ!」



メル「おっけー。よろしくね、れお!」



ざぶとん「よろしくな! れお!」






10






メル「だーかーらー! 生意気だって言ってるでしょうがー!」



ざぶとん「ギエエエエエエ!!」



メル「は・・・! 失礼しました。あたい達は、すぐそこの初心者の館で初心者さん(若葉マークの方)の支援を行っています。」



れお「初心者の館・・・? そんなのあるの??」



メル「あるよー!!!」






12





れお「おお!? あんなところに!? 知らなかったよ!」



メル「時間あれば、寄っていく??」



れお「お邪魔していいんですか??」



メル「全然いいですよー!」



れお「わーい。」







13





14






15





16






れお「すごーい! ここでは、どんな事しているの?メル。」



メル「ここは、まだ駆け出しの冒険者さんの支援を行う施設。」



れお「ほっほーう!」



メル「戦闘や基本的な事を学べるよ!」



れお「メルは、ここで支援をしているの?」



メル「ですです! 日々沢山の駆け出し冒険者さんが来ては、卒業していくよー!」



れお「それで、若葉支援隊長なわけね!



メル「うんっ! 少しでも、冒険の手助けになれば・・・!」



れお「偉いねー! あっ。その奥の人は???」








17







メル「あぁ・・・。 ロン毛だね!」











18











メル「あたいはね、駆け出しの冒険者に基本的な事をココで学んで欲しいんですけど・・・」



れお「うんうん。」



メル「それだけじゃない。これから冒険を共にする仲間との友情について。とか、いつかはぶつかるギスギスの壁にも打ち勝てるようにとか。 そんな想いもあるんだー!」



れお「なるほどね~。」









19




















20














れお「・・・・・。」



メル「はっ! 失礼しました。」









ピロリロリン♪






れお「ん? 何の音?」



メル「あっ。レターです!」



れお「レター?」



メル「ですです。エールポートまで、まだ来れない冒険者さんも沢山いるんですよー。」



れお「ほうほう。」



メル「まだ来れない冒険者は、レターを使って疑問とか質問を送れるようにしているんです。」



れお「なるほど! それは便利だね!」



メル「誰かからレターが届くと、今みたいな音がなるんだー。このポケベルが。



れお「ポケベル古いな」



メル「どんな質問がきても、答えれなきゃ若葉支援隊長は名乗れないよねっ!」







21






れお「頼もしい隊長さんだね。」



メル「ありがと! せっかくだから、れおも一緒にレター見よう!」



れお「おお? いいのですか!?」



メル「光の戦士だし、大丈夫ー!!」



れお「どれどれ・・・・?」










22







れお「コンボかぁ。どうしますか? 隊長さん♪」



メル「ふふふ!お任せあれ~!」



ざぶとん「余裕だな!これくらい。」



メル「例えば剣術士の場合、ファストブレード→サベッジブレードと繋げればコンボになります。」



メル「コンボとして繋がるアクションは、アクションマーク周りが点線で囲われます!」



ざぶとん「うむうむ!」




23




メル「これが・・・」




24





メル「こんな風に、点線で!!」



メル「っといった具合です!」



ざぶとん「余裕だな!」




























25






れお「すごい基本的な質問が来るんだね!?」



メル「だって、エールポートにまだ来れない冒険者だよ?きっとわからないことだらけだよ、かわいそうにー!」



れお「そっかそっか。メルは優しいだね!」



ざぶとん「さすが俺の弟子だな!」



メル「また、踏まれたいの?



ざぶとん「スミマセン。」











れお「あ!! メル、後ろにモブが! 危ない!!」



メル「むー? (カチャ!)
















ざぶとん「メルはさ、を操る戦士なんだよな。」



れお「音・・・?



ざぶとん「音魔道士 って知らんか?」



れお「し、知らないよー!」



ざぶとん「メルは、音を操り風のような速さで切り裂く音速剣が使えるんだ。



れお「おんそくけん・・・!」



ざぶとん「音速剣は、相手を切る瞬間に剣を楽器に変えて音色でダメージを与える剣技。



れお「なんだかよくわからなくなってきたぞ!?



ざぶとん「よく見とけ、その名は・・・!」



























25-1


























25-2
















れお「はやーーっ!!」



メル「ふふふ。」



ざぶとん「切る瞬間に、楽器から奏でる音色で相手を切る。まぁ魔法攻撃だな。」



れお「すっごーい! メル、音魔道士って、初めて聞いたジョブだよー!」



メル「ありがと!」



れお「かっこいいね!メル。 モテそう!」



メル「いやいや、そんなぁ(*´~`*)」













ピロリロリン♪







メル「あ!またレターだ! ポケベル鳴った。



れお「ポケベルやめないか。」



メル「今度は、なんだろなんだろー!」



ざぶとん「どんな質問が来ても、メルなら返せる。隊長だからな。



れお「どれどれ・・・?




































































26


























27









メル「いいんです・・・ こういうレターもあるんです。



ざぶとん「うむうむ。 こんな事くらいでメルは落ち込んだりしないからな。























































28






























29















































25-2


































れお「ヒドイ八つ当たりをみました。」











メル「でも、あたい頑張る!」



れお「素敵な事だと思うよ、メル達がしていることは!」



メル「ありがとう、れお! れおも、光の戦士として頑張ってね!」



れお「お互いがんばろ!! また、遊びにきてもいい?」



メル「いつでもきてよー! またレター紹介するよー!



れお「うん! それじゃあ、れおはルーレットに行ってくるね!」



メル「はーい! ( ルーレットってなんだろ?) 」



ざぶとん「またな。」








メル「・・・・消えた・・?」



ざぶとん「消えたな。」



メル「どう思う?ざぶとん。」



ざぶとん「何がだ?」



メル「れお・・・ 不思議な感じがした。」



ざぶとん「そうか?? 気のせいじゃない??」



メル「気のせいか! さて、今日も館に来る冒険者を支援しなきゃ!」



ざぶとん「そうだな。」
























音速楽器剣を操る、音魔道士メルと、その相方ざぶとん。


この者達もまた、「日和戦士」として光の戦士れおの運命に巻き込まれていく。


メルが若葉支援隊長として歩む先にあるものは!?


さらに、メルが背負う盾に記された、とある一族との関係とは!?


それは、メルの物語をみていけばわかるかもしれない・・・。






30



31












32


































つづく





(皆様のポチポチがモチベに!!)

生意気にランキング参加中~

よければ応援お願いします♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter

更新情報とか呟きとか。 ツイ友少ないので、よかったら・・・

れお日和について

登場人物

Leo Prelude

Author:Leo Prelude
マンドラゴラサーバーでプレイ中!
こんなヘボブログと相互リンクくださる方、是非お願いしますm(_ _)m
ブログ開始日 →2016年1月 1日
Twitter開始日→2016年4月12日


FF14の輪を広げたい!!

♪個人ブログの宝庫♪

きっと見つかる、読みたいブログ!              クリックして探せえええええええ!

頂いたイラスト紹介m(_ _)m

応援お願いしまする~

きてくれた人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。